スマートフォン投資|FX・株・預金

HOME > 記事 > 国際分散投資

国際分散投資

今、国際分散投資が個人投資家の中で、かなり注目されています。これは、海外新興国の経済成長性や高金利を期待できる債権から外国株式や債券で運用する投資信託に流れているということです。南アフリカランド通貨でFX投資も人気があります。なぜ、この様なことになったのか?考えられる理由は2つあります。

まず、日本経済が安定成長期に入ったということです。国内の人口減少に伴い、高い経済成長は今後期待できなくなり、国内の株式市場全体が大きな値上がりを望めなくなったということと、資産運用の安定性を重視する投資家が増えてきたということです。

運用対象に集中的に投資することは、景気や物価などの影響をうけて損失を被る可能性が非常に大きくなります。しかし、異なる国や地域の資産に分けて投資するというように、投資対象を広げた国際分散投資なら、国内資産が良くない時は外国資産がカバーしてくれるため、資産の偏りを防ぐことができ安定した運用が期待できます。

一発で大もうけスタイルよりも、なるべくリスクは負わず安定した資産運用というスタイルが「今風」のようです。

INFORMATION
Copyright © 2009 スマートフォン投資|FX・株・預金 All rights reserved