スマートフォン投資|FX・株・預金

HOME > 記事 > 健全度は高い外貨投資

健全度は高い外貨投資

外貨投資をめぐる環境は大きく変化しました。

昨年来の金融危機と景気後退を受けて、金利はいま世界中で低下傾向。円と外貨の金利差が縮小した結果、外貨投資における高金利収入の魅力は薄らいでしまいました。

従来ならば一時的に円高が進んで為替差損を被っても、外貨の高金利に一種の緩衝材のような役割を期待できました。・・・が、もはやそれも昔の話。現在では、外貨投資は純粋な為替相場への投資に限りなく近づいてきた雰囲気があります。FXの王道な取引手法が必要だと思われます。

外国株に投資する場合でも、同じように為替変動のリスクは生じます。しかし、その意味合いは為替相場への投資とは大きく異なるものです。外国株に投資するという行為の本質は、外国企業の経済活動に部分的に参加しながら将来の利益配分を期待することであり、外国企業の活動が続くかぎり、その期待値はどこまでも続きます。為替変動リスクはあくまでも、それに付随するものに過ぎません。

実体経済の裏づけがある外国株などを通じて外貨に投資する方が、運用手段としての健全度は高いといわれています。

INFORMATION
Copyright © 2009 スマートフォン投資|FX・株・預金 All rights reserved